こんばんは。
管理人のTakです。

 

someakaではこれまで色々なミュージシャンのインタビュー行ってきましたが、今回はそれらの裏側や秘話を少しお話しします。
まず、インタビューはメールで行っています。相手側は一人もしくはバンド全員で応えてくれたり様々ですが、まずはこちらからインタビューの説明などを行うことに違いはありません。
この時点で断られたり、返信がないこともありますが返信をくれるバンドはインタビューをOKしてくれます!(これは恐らく日本人と同数で比較すると違いがはっきりしそう)

 

その後、僕からいくつかの質問を行います。その際、僕はまず僕が知っている限りの英語で質問を書き、その後言い回しや解釈などの違いを考慮して辞書と格闘しながらより伝わりやすい英文にしていきます。
しかし、それでも英語が通じないこともあったりするので(笑)その時は謝ってシンプルな英語に置き換えます。
こちらが意図していない伝わり方をする多くのケースは向こう側も公用語が英語でない国や、英語圏ではない方々だったりします。(こういう場合はむしろお互いに理解しあおうというやり取りがあるのでとてもうれしく、楽しいです)

 

そして、インタビュー中にはお互いにインタビューとは関係のない雑談を行うことが多いです(バンドの皆さんのお気遣いであったり、こちらからも有益な情報を提供してみたり・・・)

 

続く・・・・