カナダ ロックバンド おすすめ Poor Young Things

 

someaka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

someaka管理人 Tak

絵を描いたり、曲を書いたり。
またはウェブサイトを更新したり、
インタビュー記事を書いたり。
自身の表現のためにしがらみなど関係なく、
someakaを運営するクリエイター。

Twitterはこちら。

 

 

カナダ ロックバンド おすすめ の話

 

 

まず、カナダという国はUKの影響もUSの影響も強く、
それらは音楽性ですごく分かるところでもある。

パンクロックでもロックンロールでも、
めちゃくちゃかっこいいバンドが多い。

ただし、この記事……というか、
someaka において、ずっとプッシュしているのが、
Poor Young Things というバンドである。

 

Poor Young Things は五人組のロックバンド。

ギターが三人いるため音の作りが厚かったり、
ボーカルがギターの手を止めて、マイクに吠えている時、
二人のギタリストが畳みかけるようにやばいギターを鳴らす。

そういうバランスがとても良いし、
彼らはコーラスワーク、つまりハーモニーが素晴らしい。

 


 

個人的にそれについて、
彼らが度々アコースティックサウンドにおいて、
セッションやライブをしていることにあると思う。

特に屋外でアコースティックセットでセッションしているのは、
例えば、 Current Swell にも言えることだが、
とてもナチュラルで響きの奥行が良いハーモニーを生むことがある。

そういう面では僕が当サイトでずっと扱っている西海岸レゲエのバンドにも言える。
Passafireだって最高にかっこいいコーラスワークをWillがやってる。

 

とにかく、僕は彼らの存在がもっと日本で知られて欲しい、
それに尽きる思いでこのように記事を書いていたりする。

 

以前、彼らのことを紹介した記事でもお伝えしたが、
彼らは夜の街の景色がとてもよく似合う。

なんというか、夜景が似合うバンド!って感じ。

 

 

彼らは駅やホームパーティーなどでも
アコースティックギターなどを持ち寄ってライブをしている。

もちろん、地元では支持を得ているが、
まだまだカナダ国中に広く知られている、ということでもない。

つまり、今の内から日本でも彼らの情報を押さえておけば間違いなく、
彼らのパワーになるし、動力源になるし、後押しとなるはず。

そうやって僕はこのようにPoor Young Thingsを推している。

 

例えば、僕がこのように紹介したバンドが、
誰かのサウンドメモリ的な部分に引っかかり、
たまたまどこかで カナダロックバンド おすすめ っていう
連想されるワードに触れた場合、
きっとPoor Young Thingsのことを思い出してくれると信じている。

 

音楽とはそういうものだと信じているし、
それがアナログな媒体で紹介されていても、
このようにウェブサイトでも魂のこもったバンド紹介が届いてほしい。

 

なので、ぜひPoor Young Thingsチェックしてみてください。

 

Tak