BASI PEPPERMINT 音の成分から曲を紹介

 

BASI PEPPERMINT

2017年8月30日、
今年、アルバム『Lovebum』をリリースし、
ヒップホップのソロMCとしてオリコンチャートインも果たした
MC BASI の新曲がデジタルリリースされます。

曲名は『PEPPERMINT』

リリックでもあるのですが、
「お口直しにペパーミント」というフレーズが、
Lovebumを踏まえた上でMCとして次を見ているというような
さらなる歩みを感じさせるような曲です。

今回の記事では当サイトの紹介の仕方としてのスタイルである
『音の成分解析』でMC BASIのPEPPERMINTを紹介していきます。

 

BASI オフィシャルサイト

PEPPERMINT の音を聞いてみる

イントロは何らかのベルなのか、
サンプリングされた良いサウンドが曲の印象を
ノスタルジックかつ開放的なものにしている気がする。

その音はLo-fiではあるものの、
ベースはノリやすいリズムを作っていて、
MC BASIのトラックとして相性の良い
ジャジーなものとしてリードしていく。

ハイハットに関しては恐らく
シェイカーをサンプリングしているのか、
打ち込んでいるものと思われますが、
この音によって夏らしさが出ている。
(しかし、きっと冬に聞いたらその印象も付いてくるだろう)

また、スネアの音も切れが良いので、
ハイハットとの相性が良いのだろう。
しかも、もしかしたら両方ともLo-fi処理を施しているのか、
どちらも同様に砂交じりの良い雰囲気が出ている。

また、VERSEの9小節目から12までは
そのハイハット(シェイカー)の音はカットしていて、
13小節目から再びその音が入ってくる。
その部分を聞き比べてみると分かるのだが、

ほとんどがキック、スネア、ベースでトラックが進行する。

BASIの魅力としては声の良さにあって、
ビートのキックとスネアの合間をラップをしているため、
BASIのラップでもリズムが作られている。

つまり、ラッパーの声は楽器であるということ。

そして、コーラスとしてオオツカマナミが参加している。
彼女はベースも弾くのだが、
セッションとしてはトラック担当のISSEIや、
ビートボクサーのAFRA、DJ FUMMYらとも共演していて、
その音楽性は素晴らしい。

そして、彼女の気張らずに存在感を出せる声はすごく魅力的である。
どこにいっても自慢できる声を持っているのは、
MC BASIだけでなく、オオツカマナミももちろんだ。

今後もライブでずっと披露していく曲だろうから、
管楽器なんかも入れてバンドセットでやれば、
めちゃくちゃ痺れる楽曲だと思う。

ライブ一発目とかにも合うし、
Lovebum収録の『Blue』の前後に持ってきても、
二やついてしまうほどに良い空気が流れるだろう。

 

MC BASIの新曲『PEPPERMINT』

2017/8/30 リリース

BASI オフィシャルサイト

BASI が好きな方へのおすすめ記事