DENIMS fools サウンド分析 気持ち良い理由

 

 

 

DENIMS fools 気持ち良さを分析

どうも、someakaです。

今回はロック、ファンク、ブルーズなどの影響を感じる
DENIMSの楽曲『fools』のサウンド分析をしていくのだけれど、
なぜか、ってDENIMSの音が最高に気持ち良いからである。

なぜ、こんなにも爽やかさと内包された激しさが同居するのか?
その理由が知りたく思い、今回記事にしてみた。

 

DENIMS って?

2012年、大阪で結成されたバンド。
自主レーベルも立ち上げ、まさに精力的に音源リリース、
または近年ではフェスにも多く参加するようになり、
ここ最近のシティポップブームをブームと感じさせない
DENIMSのペースで活動している。

それは恐らく、この楽曲foolsを聞いても分かるように、
彼らのバックボーンとなるサウンドや
精神の基礎、マインドの基礎となるものがしっかりしているからだろう。

カマチュー (Gt,Vocals)@KAMA_CHU
おかゆ (Gt)@okayuhatsukoi
まっつん (Ba)@matsubalaDENIMS
えやmax (Drums) @eyama_DENIMS

DENIMS オフィシャルサイト

 

MVのようにサウンドは
スタジオのジャムセッションのようなラフさがあるが、
まず気が付いたのは、曲全体もしくはカッティングのギターに
軽くリバーブがかかっていること。
そして、軽く歪ませていると思うのだけれど、
これは非常に気持ち良い。

実は歪みとリバーブの組み合わせは、
良いバランスを保つとめちゃくちゃ気持ち良い。

おまけに、それはサーフロックでもよく使われる音なのだが、
夏っぽいというか、爽やかさを出すには非常に良い方法だ。

ドラムに関してはハイハットのオープンやハーフで
刻むリズムの中のアクセントが気持ち良い。

ボーカルの声も、気だるいまではいかない、
けれど実にシティポップの中で輝く素晴らしい声。
かなりロックサウンドと相性の良い声だと思う。

DENIMSのようなバンドが出てくることが、
日本のバンドシーン全体の面白さだと思うし、
最近はこういったレトロでレコードでかけたい曲を
ナチュラルに書いたり、歌ったりする若い世代が増えたと思う。

ポップシーンに対してのアプローチも
すごく柔軟で、そういったサウンドだから、
あらゆる年齢層やリスナー層に届くのだと思う。

 

これからもDENIMSの最高の活躍に期待している。

 

someaka

 

DENIMSが好きな方はこちらの記事がおすすめ