Lucky Tapes Gravity 『敢えて』分析する

 

今回紹介していくバンドはLucky Tapesである。
Lucky Tapesは2014年以降ほどに爆発的に流行したシティポップ、
その流行からリスナー層を定着させたバンドの一つである。

もちろん、その他のバンドのサウンドも最高だったのだが、
今回はLucky TapesがGravityというやばい曲を公開したので、
そちらを紹介していこう。

Lucky Tapes オフィシャルサイト

Lucky Tapes Gravity のサウンド分析

 

Lucky TapesのGravityという最新曲が先日、
YouTubeに動画としてアップロード、公開されました。

Lucky Tapesは以前から『すげえバンドが日本にいるな』という風に
思っていて、someakaでは取り上げてはいなかったのだが、
めちゃかっこいいバンドである。

GunsやTouch!などはめちゃくちゃ、
カフェやおしゃれなショップでもかかっているイメージ。

そして今回はそんなLucky TapesのGravityを
当サイト流のサウンド分析で紹介していこう。

 

まずはLucky Tapesのサウンドの雰囲気を作り上げる
メロウかつ角が丸いギターの音から始まる。

ドラムはクローズドリムで、
時計の秒針のように曲の雰囲気を構築していく。

そこで、Lucky Tapesの特徴でもある、
ホーン系の音(これはシンセのサウンドであると思う)が
曲のゆるくもファンキーさを表現していく。

Gravityという単語からは様々なイメージが浮かぶのだが、
動画自体も素晴らしくて、例えば……

夜の暗闇なんてすごく心を鎮める(沈める)時があるかも知れない。
そういう心にかかる重さの表現を指しているのかも知れないし、
恋をするときの胸にかかる重さを表現しているのかも知れない。

そんな何かしら僕らの心が感じることができる『重力』を
聞き手によって様々な様子に感じることができるリリックも最高だ。

シティポップとしても素晴らしいし、
ロックバンドとしてもあらゆる年齢層から支持される
このレトロかつ心地よい音はぜひ堪能して欲しい。

このウェブサイトでは今後もLucky Tapesの音源を紹介、
または何らかの形で分析していこうと思う。

その他インタビューなどもあるので、
楽しんでもらえたら嬉しいです。

someaka

 

ファンキーなサウンド好きへのおすすめ