Yellow Studs ブーツ 新MVからサウンドを分析する

 

Yellow Studs 注目すべきサウンド

リバイバルなんて言葉があらゆるジャンルで囁かれ、「リバイバルブーム」だなんて社会の流れもある。悪いことではないが、そればかりに走るのもなんだか釈然としない。そんなところに頑なに硬派を貫くバンドの存在がポンと浮かんだ。そして彼らこそ2003年から活動してきたキャリアもあるし、自然に馴染むかっこいいサウンドを持っている。

Yellow Studsである。

今回は先月公開された新たなミュージックビデオ”ブーツ”からそのサウンドを紹介していこう。もし、Ego Wrappin’ が好きな人にはおすすめであるし、ガレージロックやそこにジャズをねじ込んだ硬派なサウンドが好きな人はきっと好きになるだろう。

Yellow Studsの特徴としてはギターとピアノの上物がサウンドの雰囲気を左右しているということ。このブーツでもそれは同様なのだが、昭和歌謡のようなムードを漂わせているのはボーカルの野村太一の素晴らしいところだ。このように強烈で本当の意味で尖ったボーカリストは本当に魅力的な声を持っている。しゃがれ声を出したり、鼻にかけて歌うだけなら真似は出来るが、このような「図太さ」からは積み重ねたある種の狂気を感じる。

おまけにバンド全体のバランスはムーディながらもガレージロックらしい心地の良い汚し方をしていて思わずニヤリとしてしまう。2本のギターの音の前後の出方がとてもかっこいい。こういうギターの音の配置をするバンドはライブありきの音作りをしているライブバンドであることが多い。

もし、興味があればYellow Studsを今後もチェックしてみると良いだろう。

Yellow Studs オフィシャルサイト

someaka

さらにおすすめの記事↓↓