MCpero SKIP ラフでキュートだけじゃない?サウンド分析で奥まで探る

 

ライター/Semapho

MCpero SKIP サウンド分析

OMAKE CLUBの女性ラッパー『MCpero』の楽曲が癖になって聞いてしまうリスナーは多いのではないだろうか。筆者Semaphoもその一人であり、この記事ではその理由をサウンド面から考えてみる、というものだ。そして、それにあたり選んだ曲はYouTubeにおいてMVが公開されている楽曲「SKIP」にした。

イントロの金物とパーカッションは後に続く日が差すようなイメージに繋がる。その後、エレピ(鍵盤)とベースがぴったりとくっついて鳴っている。頭のキックはパンチが効いているため、ビートのアクセントがそこに集中しているように思う。ハイハットはキックとスネアの中間に置かれているため、先述した金物(スネアと同じ位置に置かれている)合わさることでビートにポップさを演出しているように感じた。

彼女のラップの魅力は真っすぐにライムするところにあると筆者は思う。韻を踏んだ箇所が非常に分かりやすく、その踏み方もトラックの美味しいところで踏んでいるのが気持ち良かったりする。また、『MCpero』はそのキュートな声が印象に付きやすいが、良い味を出していると感じたのはフックにおける彼女の低音の声にある。決め過ぎていないところが逆にカッコいい。こういった一つ一つの要素が癖になっていく理由なのだと思う。

記事のシェアはこちらから。

ライター/Semapho Twitterフォローよろしくお願いします。

OMAKE CLUB オフィシャルサイトはこちら

MCpero Twitterはこちら

someakaの音楽ニュースはこちらから